お知らせ



「セラピー名称」と執筆している「本の題名」変更のお知らせ
2022.06.01

昨年4月にセラピーの名称を
「ほんとうの自分に還るためのセラピー」に変更しましたが、
この度さらに変更することに決めました。


最終的名称は、
『象徴的イメージ統合療法』
Synbolic image integration therapy
です。


本の題名は、
『「根源に気づく心理学」〜心的領域からの人間の研究〜』
Psychology to notice the root
Human research from the mental domain
です。


詳しくは、ブログをお読み頂けましたらと思います。


どうぞ、よろしくお願いいたします。







心理セラピー(心の癒し)を仕事にして25周年を迎えました
2022.04.01

今日でセラピストの仕事を始めてから丸25年が経ちました。
25周年の記念日となりました。


私にとって元々、周りの人に対するケアや癒しというのは
まるで趣味のように自然に行っていたことでしたので、
仕事としてこのような形で行うことは考えたことがありませんでした。
今こうして25周年を迎えて感慨深く、また不思議な感覚を感じています。


この年月、驚くほどたくさんの方々にセッションを受けて頂きました。
それにより、それまでは考えも及ばなかったり、
見ること感じることも出来なかった様々なことが
手に取るようによくわかるようになりました。
特に人の内側を感じることにおいてはそれが顕著になりました。



セッションを受けて下さいました皆様に心より感謝申し上げます。

ありがとうございます。




今、時代は大きな転換期へと入りました。


一つの側面として簡単に言いますと、
第二次大戦後のシステムが壊れて新しいシステムが
立ち上がる時を迎えたということです。
そのために、急速に多岐にわたる様々なものが
大きく形を変えていくことになるでしょう。


長年続いてきた流れが大きく転換する時には、
人間の心のことでいいますと、
心の奥に隠していたものに焦点が当たり
それが浮き上がってきてしまいます。


それは一言で言うと「不安と怖れ」という感情です。
この「不安と怖れ」は誰をも心の内側に隠し持っています。
そしてこれは「トラウマ(心が傷つく体験)」から
誘発された(発生した)感情です。


この感情により、
自然な生物学的反応によって生存本能がONになります。
そうすると、「不安と怖れ」を感じないように、
自分の身を守ることが生きるための大前提になってしまいます。


自分でも気がつかないうちに、
とにかく心が不安にならないようにするための思考にはまり、
そのための行動パターンを取るようになります。


これが世界にいじめや差別、犯罪、争い、
しいては戦争が存在する根本原因です。


この人の心の内側に巣くっている
(ただ体験するだけの予定だった)
「不安と怖れ」を癒し、解放していくものは、
それとは対極に位置する感情である「深い安心感」です。


「深い安心感」は、
自分の内側にある見たくないもの、
否定したいもの、認めたくないもの、
闇と感じるもの、悪と感じるもの、
そのすべてをありのまま受け入れた時、
そう、自分自身のありのままをすべて無条件に受け入れた時に、
不思議に自然に心の奥底から湧き上がってきます。


そしてこの「深い安心感」を
一人でも多くの人が感じられれば感じられるほど、
私たち人類が共有する集合意識にそれが浸透(蓄積)していって、
それがある一定数を超えると、
他の人々が何もしないのに
自然に集合意識にある「深い安心感」にアクセスして、
心の内にそれが芽生え始めます。
というか、元々人間の心の奥底にあったものなので
発露すると言った方がいいでしょう。


心理学者のユングさんが言われてるように、
人間の意識というのは
そのように奥底で繋がり合って共有しているのです。


私はそれを今までのセッション現場の中で実体験として、
たくさん垣間見させて頂いてきました。


クライアントさんが自分のすべてをありのまま受け入れ
「深い安心感」を感じていくと、
長年会っても話してもいなかった絶縁状態の親から急に連絡があり、
その親がよりよく変わってしまっていたり、
そばにいる子どもや家族、パートナーがよりよく変わってしまった
という実例は枚挙にいとまがありません。


こういった実例をたくさん見させて頂いてきたことで私は、
これから世界を本当の意味で変え救っていくものは、
一人一人の「深い安心感」の発露
(同時に過剰に働いている生存本能をOFFにすること)
だと確信しています。


私は人がこの「深い安心感」を発露してもらうための
サポートを長年させて頂いてきました。
そしてこれからも、
それを粛々とさせて頂こうと思っています。
それが私が生まれてきた一つの目的だと感じています。


人と社会、日本と世界、地球全体がよりよくなり、
すべての生命が調和し共生した地上天国が実現されますように。






新年のご挨拶
2022.01.01

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い申し上げます


2022年 元旦


今年から様々なものがその流れ、システムを変えて
大きく変化していくと感じています。


新型コロナのことからだけではなく、
今までにない変化が急速に始まっていくと思います。


その変化の中には、
表面上はよりよいと感じられないものもあると思いますが、
最終的には、とてもよりよい変化、きっかけであったことに
みんなが気づくでしょう。


私はその過程の中だからこそ、とても大切なことがあると感じています。


新型コロナの影響にもより、
人々の心の中には
大きな「不安と怖れ」があります。


ほとんどの人が、
また学術研究者たちも気づいていませんが、
実は、この「不安と怖れ」は子供の頃から
私たちの心の奥底に巣くっていたものです。


この人間存在に根源的に影響を与えているものを
一旦とりあえずでも処理しておけば、
激動の時代においても、
「不安と怖れ」を『安心と喜び』へと変容させることが出来ます。


よりよい人生、よりよいシステムは、
『安心と喜び』の中からしか建ち上がっていきません。


そうやって、私たちが建ち上げていくものが
次の世代に受け継がれていき、次の世代の土台となります。


ですからその土台は、
本当の意味での『安心と喜び』からである必要があるのです。


正直、今の世の中には、
〈一見『安心と喜び』に見える〉「不安と怖れ」が、
満ち溢れているのを感じています。


今年は本の出版により、さらに活動を広げ、
人々の根源にある「不安と怖れ」を解放し、
本当の『安心と喜び』に変容する
一助になれればと思っています。


24年間の数多くの現場での経験、
現場での実例・実績からわかったのは、
「闇」のように感じていたものをありのまま受け入れることで、
それは驚くほど純粋な、
本質的「光」へと変容していくということでした。


できるだけ多くの人と、
よりよい世界で『安心と喜び』を共にしながら、
生きていきたいと願っています。


皆様が平安でしあわせでありますように。
心より、お祈りいたします。






書籍出版予定のお知らせ
2021.10.03

今、本を執筆中です。
(個人セッションも通常通り行っています)

本の題名は、『トラウマ心理学』(副題はまだ決めていません)です。
私の現場での実体験からの実例とそこから構築した理論(実証)だけでなく、
時にハートや感情に関する海外の大学や研究機関の研究結果も
ご紹介しながら、やわらかくわかりやすい学術本というスタンスで
仕上げていきたいと思っています。

来年中の出版を目指しています。しばらく、お待ちくださいませ。

これがまず一冊目の本です。この本により、教育、心理、医学などの
公的な機関や組織との繋がりを強めて行きたいと思っています。
(詳しくはブログをお読み下さい)

どうぞ、よろしくお願いいたします。






セラピーの名称変更のお知らせ
2021.04.01

心理セラピーにたずさわり、
今日で丸24年を迎え、25年目に入りました。

今まで、ほんとうにたくさんの方々にセッションを受けて頂いてきました。
 
その皆様のお陰で、
心のこと、トラウマのこと、私たち人という存在のことなど、
深遠なるそれらの成り立ち、存在理由、様々なものや次元とのつながりが
思考でも、感覚でも、また感覚を超えたところでもわかりました。

この仕事を始めた当初には考えられないほどの多くのものを
実体験し味あわせて頂き、そして学ばせて頂きました。

自分でも驚くほどの思考や感覚、そして技術を
どんどんと進化〈深化〉させることのできたこの24年間でした。

今までもこうやって、大きな進化〈深化〉を感じた時には
それに見合うと感じるセラピーの名称に変更しました。

「インナーチャイルド統合療法」から「トラウマ統合療法」へと。

そしてこの度さらに、その名称を
『ほんとうの自分に還るためのセラピー』
へと変更いたします。

集大成のセラピーです。

クライアントが自身の力で自分の深い内側の部分を
解放していくことができる手法であり、
人間の根源をその人自身で癒し、
その中心へのつながりを取り戻していくための
自己完結した強力なセラピーです。

また、たくさんのクライアントの皆様のお陰でわかった
心の成り立ち、理論は、今までと同様
『トラウマ心理学』
という名称で、次元を含んだ法則を加味して、
お伝えさせて頂きたいと思っています。

私たち一人一人がほんとうの自分に還ることができれば、
よりよい社会は自然に実現していくと感じています。

微力ながら、これらの活動によって、
世のため人のため、
私たちの国日本のために、
お役に立つことができれば、これほどうれしいことはありません。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。






事務所移転のお知らせ

2020年1月に事務所を移転しました。

岡山県玉野市から岡山市南区への移転です。

今後ともよろしくお願いいたします。






セラピーの名称変更のお知らせ
2016.01.18

今まで心理療法の名称を
「インナーチャイルド統合療法」としておりましたが、
その名称をトラウマ統合療法に変更いたします。

変更の理由は、
インナーチャイルド療法を中心として、セラピーを行っていますが、
この心理療法の目的は、トラウマを処理していくことですので、
冠に掲げるべき言葉は、トラウマ統合療法とした方が
一般の方には分かりやすく、シンプルでその目的に合致していると感じたからです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ほんとうに効果のあるこの療法を
できる限り一般の方にも認知していただき、広げていきたいと思っています。

それから、たくさんのクライアントの方々から教えていただいて、
すべてのことがわかったトラウマの理論は『トラウマ心理学』として広げていきます。






事務所移転のお知らせ
2014.02.18

3月1日より、岡山県久米郡美咲町から岡山県玉野市宇野に
事務所及び住居を移転することになりました。

近年では、神戸での都会暮らしを3年間体験し、
この5年間は岡山県北部で古民家田舎暮らしを体験しました。

実体験しないとわからないことがたくさんあり、
色んな経験値も前よりも上がりました。

これは、「自分が体験・経験したことが自分にとっての真実である」と思い、
自らの経験・体験を第一にしている私にとりまして、とてもうれしいことです。

そしてこの度、私の生まれ故郷である温暖な岡山県南部の玉野市に戻ります。
また、更なるよりよい経験、体験を重ねていこうと思っています。

それから、ここではイベントや催しなど、
新たな活動もしていきたいなあと思っています。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。













ホリスティック・セラピー研究所

Copyright (C) - holistic therapy institute - All Rights Reserved